TB88 Ref. 1TBAR.S01A.C113A

ジョン・アーノルドは卓越した時計職人でした。数多くの特許を取得し、正確に時を刻むアーノルドNo.36により注目を集めました。これは「クロノメーター」と呼ばれた最初の時計です。今ではクロノメーターと言えば、非常に正確な時計を意味する言葉として使われています。TB88は、アーノルド&サンが革新的な技術と正確な計時とを常に追求している証拠と言えるでしょう。どのモデルも、ロイヤルコレクション独特の英国風のデザインで製作されています。

32石を使用した手巻式のA & S5003キャリバーには、かつてのアーノルドのクロノメーターと同じ技術的特性と美的特性を備えています。「TB」は「True Beat」の頭文字をとっています。トゥルービートとは、航海中に必要な、正確な計時を行なうコンプリケーションのことです。従来の脱進機と異なり、トゥルービートに採用された脱進機はシングルパレットのデザインになっており、テンプの反復運動に対する比ではなく、正確に1秒ごとに時を刻めるようになっています。このおかげで航海者は、正確な時間を知り、そこから経度を測定することがでます。

またTB88は、ジョン・アーノルドが初期に製作した、オリジナルケース「No.88」の懐中時計を称えるものでもあります。この88という数字は、この最新モデルのムーブメントのデザインによって表現されています。文字盤の上半分にツインバレルが完全に左右対称に並び、4時と5時の間にはバランスホイール、7時と8時の間にはトゥルービート秒針が配置されています。TB88モデルのムーブメントは「裏返し」のスタイルだと言われます。つまり、普通は文字盤の裏側に隠されている技術的な要素や目を引く特徴が文字盤の側に現れているのです。2つのバレルは、十分にぜんまいが巻かれているときには100時間のパワーリザーブを生み出します。またぜんまいは、ブレゲヒゲを採用しています。それはほんの少数の時計職人にしかできない、とても繊細で、熟練を要する技術によって手作業で製作されています。

しかしアーノルド&サンの新しいTB88をはっきりと際立たせている特徴は、その直線にカットされたブリッジなどに見られる、「英国風の」デザインでしょう。ムーブメントの中で回転している部品が、一つひとつ、全部で16あるブリッジに取り付けられています。時計作りのすばらしい技術は、ポリッシュ仕上げに手面取りされたブリッジなどの主な部品、また黒のルテニウムやNACグレーで処理されたムーブメントとブラシ仕上げされた部品の並び方にも表れています。

アーノルド&サンのTB88は、直径46mmの、ステンレススチールまたはローズゴールドのケースを使用しています。またストラップは手縫いのアリゲーターです。30m防水、両面を反射防止加工したカーブドサファイア、シースルーケースバック。TB88は、クラシックなスタイルと最先端のテクノロジーを見事に融合させたモデルです。

 

Ref. 1TBAR.S01A.C113A
18Kローズゴールド

機能

時針、分針、8時位置にトゥルービート秒針

キャリバー

A & S5003

アーノルド&サン機械式ムーブメント、手巻、32石、直径37.8mm、厚さ5.9mm、パワーリザーブ100時間、ダブルバレル、18,000振動、ブレゲヒゲ、ムーブメントの装飾:ニッケルシルバーのムーブメント、パラジウム処理ブリッジとNACグレー処理メインプレートは、高級時計仕上げ:ポリッシュ仕上げエッジとヘアライン仕上げの手作業面取りブリッジ、鏡面研磨スクリュー。

キャリバー拡大

ケース

18Kローズゴールド、直径46mm、両面反射防止コーティングカーブドサファイア、シースルーサファイアケースバック

キャリバー詳細

ダイヤル

グレーのオープン文字盤、金色の面取りカットした針は、ポリッシュとヘアライン仕上げ

ベルト

手縫いのアリゲーターストラップ、色は茶または黒

防水性

30m

To view this site, you need JavaScript enabled and the latest Adobe Flash Player installed.

Get Adobe Flash player

© 2019 Arnold & Son