ロイヤル コレクション

偉大な英国伝統のクラシカルな時計

現代のスイス時計産業の圧倒的な優位性を見ると、他の時計製造の文化や伝統がヨーロッパで支配していた時代を想像することは難しいでしょう。しかしながら、歴史を振り返ると、18世紀後半は英国の時計製造業が業界をリードしている時代でした。英国の時計職人はその時代のトレンド目を向けながらも、培われてきた芸術、伝統、そして、技術などを取り入れて他にない領域まで掘り下げたいとの思いで、自分自身の美学を追及しました。

ジョン・アーノルドとその息子は、英国における時計製造の歴史の上で大きな役割を果たしました。二人は、優れた先進的な美的センスを持ち、技術的な問題の解決策を生み出し、素晴らしいムーブメントを作り出しています。それらは最先端の機械的特徴を伴い特許を取得しています。

 

現在もアーノルド&サンは、このユニークな遺産を受け継ぎ、守り続けています。ロイヤルコレクションのモデルは、アーノルド&サンを際立たせている特徴が反映させています。たとえばTB88は、アーノルド&サンが最先端のテクノロジーを追求しながら、英国風デザインの影響も反映させているモデルです。TB(トゥルービート)コンプリケーションとツインバレル、バランスホイール、秒表示のシンメトリーな配置を伴い、それは美しく均整がとれていることに加え多くの技術的特性とそして芸術的な質の高さが、長きにわたりブランドに培われてきた財産により時計開発が行われています。

 

ロイヤルコレクションのその他の腕時計も、とても印象的です。たとえば、HMS1の一見シンプルなシリーズには、超薄型手巻式ムーブメントと、80時間のパワーリザーブを供給するツインバレルが収められています。またHMS

レディは、このムーブメントを正確に縮小することで、大きなバージョンの腕時計と同じ優雅なバランスを保っています。HMS1ドラゴンもHMSファミリーの一つですが、22Kの龍の浮き彫りが美しい限定版の時計です。ここにも、アーノルド&サンのデコラティブ・アートの実力が示されています。

 

その他のロイヤルコレクションのモデルでは、先駆的テクノロジーの代表とも言えるTE8には、トゥールビヨンなどのコンプリケーションが搭載されています。また、ホーネット・ワールドタイマーには、ビッグデイトや複数のタイムゾーンのほか、均時差や真太陽時などの複雑な表示が数多く使われています。トゥルームーンは、本物そっくりの月の満ち欠けの表示がユニークです。またホーネット・ジェームズ・クック・セットは、この探検家の生涯の歴史的な一シーンが細密画で描かれています。ロイヤルコレクションのすべてのモデルに共通しているのは、伝統を受け継ぐ手作りの技術です。そのことは、手作業により仕上げや装飾が施されたムーブメントや、すばらしい技術的特徴と豪華なデザインでお分かりいただけるでしょう。

 

© 2018 Arnold & Son