歴史ある「大統領列車」はもともとポルトガルの国家元首と側近によって1910〜1970年の間に使用されたものです。車体の構造は「王室列車」と呼ばれ、その起源は19世紀後半に遡ります。保存修復処理された列車は国家鉄道博物館に保管され、ドウロ地方への旅にのみ使用されます。

2016年4月、この歴史的な列車は、レストラン「Vila Joya」の有名シェフなシェフ•ディーター•コーチナと共に、初のグルメツアーとなるドウロ地域の葡萄畑でのプレミアムポートワインの試飲の旅へと向かいました。オーストリア出身のシェフ•ディーター•コーチナは、ポルトガルにおいて12年間連続してミシュラン2つ星を獲得し続けた唯一のシェフです。1日あたり60名の乗客は、列車内の歴史的なレストラン車両にてシェフ•コーチナと彼のチームによって準備された特別なグルメランチを、絵のように美しい風景を楽しみながら堪能しました。アーノルド&サンの時計は、昔、大臣たちが戦略計画や将来図を描いた豪華な雰囲気の「大臣会議室」の車両に展示されました。乗客は、食事の前後にドリンクを楽しんだり、アーノルド&サンの特別な時計を眺めながらゆっくりする機会も持つことができました。アーノルド&サンのロイヤル コレクションとインストゥルメント コレクションはこのグルメツアーを完璧に締めくくる存在となりました。

詳細については、以下をご覧ください:
http://www.vilajoya.com

 

© 2019 Arnold & Son