母国のブレーメンとその他各地のファインダイニングレストランにおいて刺激を受けたのち、ケビン・フェーリングはトラフェミュンデのLa Belle Époqueで料理長を10年務めました。彼の管理の元で、レストランはわずか5年後にミシュラン3つ星を受賞しました。 3月には、ハンブルクに自身のレストラン、The Tableをオープンすることを発表しました。

The Tableで食事をするための待ち時間は費やすに値します。レストランは瞬く間に最高レベルの評判を呼び、2016年にはドイツ国内でミシュラン3つ星を持つ10件のレストランのうちの一つとなりました。同国で有数のグルメ雑誌の「The Feinschmecker」は、ドイツのファインダイニングにおいて独自の地位を確立したとして「2015年レストランオブザイヤー」と命名しました。

ケビン・フェーリングは、ひとつひとつの料理を感情的な体験へと変化させます。「 私は、優れた職人技と驚きの続く要素を、スタイルや技術革新、完璧な技術と結びつけることを目指しています。私の料理へのアプローチの仕方は、アーノルド&サンが高級時計の分野において確立してきた価値観と多くを共有していると思います。それは、ブランドを代表する上で光栄に感じる一つの側面です。」

The Tableは、20名のゲストが着席できる蛇のようなテーブルで、キッチンへの視界が妨げられない最高の透明性のあるレストランというところに由来します。ケビン・フェーリングは、アーノルド&サンのインストゥルメント コレクションDSTBブラックダイヤルを仕事場で好んで着用して、品質を実証しています。DSTBは、ダイヤルサイドから、絶妙なトゥルー•ビート•セコンドの機能がすべて透けて見えます。ケビン・フェーリングのように、アーノルド&サンは可能な限りその見せることに誇りを持っています。

© 2019 Arnold & Son