『アラビアン・ウォッチ&ジュエリー(AWJ)・マガジン』誌主催の中近東プレミア賞を受賞。受賞者は2014年11月27日開催のセレモニーで発表されました。

サロン・デ・グランド・コンプリカションの初日、『アラビアン・ウォッチ&ジュエリー(AWJ)・マガジン』誌主催の中近東プレミア賞授賞式がドバイで初めて開催されました。授賞式と夕食会は、11月27日木曜日にザ・リッツ・カールトンで行なわれました。このイベントには300人を超える著名人が来賓として招かれました。

アーノルド&サンは、タイム・ピラミッドが「ベストデザイン腕時計賞」に選ばれたことを誇りに思っています。タイム・ピラミッドは、完璧に左右対称に作られた逸品です。独特のスケルトン加工が施されたピラミッド形構造のA & S1615ムーブメントは、自社内で考案、デザイン、開発されました。A & S1615ムーブメントは、2つのサファイアクリスタルの間で浮かんでいるように見えます。タイム・ピラミッドは、高度な技術とほかでは見られない優雅さを兼ね備えた逸品です。インストゥルメントコレクションに加わった、この見事に作られた腕時計には、機能の正確性とクラシックなスタイルとが組み合わされています。

ジョンと息子のロジャーが200年以上も前に作ったレギュレーターと、英国の古いスケルトンクロックにヒントを得て、アーノルド&サンが、レギュレーター、スケルトンクロック、縦型ムーブメント、構成部品のピラミッド形の配置、多次元的な奥行きなど時計製作の技術を魅惑的に融合させたのが、新しいタイム・ピラミッドです。

スケルトン加工されたキャリバーA & S1615は、アーノルド&サン独自のレギュレーターの構成部品の配置と立体的な見た目とを手本にしています。ムーブメントの部品や表示は、3段階に配置されています。下段は補助の文字盤、中段はサファイアクリスタル上の時間表示文字盤、そして分を示すシルバーのトップリングです。ムーブメントは超薄型で、わずか4.4mmしかありませんが、この時計に驚くほどの深さと細かさとを与えています。タイム・ピラミッドのバランスとシンメトリーの配置を引き立てるため、リューズ(アーノルド&サンのロゴ入り)は6時位置に配置されました。

ムーブメントのピラミッド構造は、輪列を縦に一直線に配置し、6時位置に2つのバレルと、12時位置でバランスホイールと、それぞれが接続することで成立しています。ブリッジは、すべての車、ダブルバレル、脱進機、バランスホイールが文字盤側から見えるようにデザインされています。

さらにムーブメントには2つのパワーリザーブ表示が横並びに搭載され、それぞれのバレルの動力残量を表示します。パワーリザーブ表示針は、アーチ形の目盛を示す点(サファイアクリスタルにプリント)を指し示し、必要に応じて一方のバレルからもう一方のバレルに動力を移動する様子がわかるようになっています。第一のバレルが第二のバレルを巻き上げると、第一のバレルのパワーリザーブの針が下がり、第二のバレルの針が上がってくるので、正確な読み取りができます。手巻式キャリバーは、ダブルバレルによって90時間ものパワーリザーブを得ることができます。また脱進機に安定した動力を供給します。

アーノルド&サンの最高級腕時計らしく、タイム・ピラミッドのムーブメントには、ポリッシュ仕上げエッジの手作業面取りブリッジ、コート・ド・ジュネーブ、サーキュラーサテン仕上げの車、青色のネジなど、手作業での装飾が施されています。いずれもすばらしい装飾技術による見事な出来栄えになっています。

 

© 2019 Arnold & Son