アーノルド&サンの最新カタログは、多くの写真を掲載しています。また、新しい章を設け、デザインも一新しました。カタログには、ブランドに受け継がれている伝説や、各モデルと、自社製マニュファクチュールムーブメントの詳しい説明が掲載されています。最後の章では、新しいインストゥルメントコレクションのモデルを特に紹介しています。カタログはアーノルド&サン公認の販売店や代理店で入手できるほか、ウェブサイト(www.arnoldandson.com)からのダウンロードも可能です。

250年以上も前からアーノルド&サンは、現代の機械式時計の発展に大きな役割を果たした時計職人から、ユニークな遺産を受け継いできました。アーノルド&サンのフィリップ・ボヴェン副社長はこう説明しています。「私たちはその遺産を新しいカタログに反映したいと思いました。カタログには、ジョン・アーノルドとその息子が、英国の時計製作の方向性を決定づける大きな役割を果たしたことが、年代記としてまとめられています。二人はとても進んだ美的センスと技術的な問題を解決する能力を融合させ、すばらしいムーブメントや最先端の機械的特徴を生み出しました。その中には、特許を取得したものも数多くあります」。アーノルド&サンの歴史の章には、ジョン・アーノルドの興味深い生涯と、国王ジョージ三世やA・L・ブレゲをはじめとする同時代に活躍した時計職人からどんな評価を受けていたかについて描かれています。

カタログを過去から現在に至るまで眺めてみると、ラ・ショー=ド=フォンにある、このブランドの開発・生産施設の概要や、どのようにしてアーノルド&サンがスイスでも指折りの時計製造会社となり、「マニュファクチュール」を名乗れるようになったかがおわかりいただけます。自社製ムーブメントの開発と生産に際してのブランドの優秀さは、洗練されたさまざまなコンプリケーションを持つ、アーノルド&サンのキャリバーの印象的なコレクションに反映されています。ほかの時計製造会社が、違うモデルに同じキャリバーを使用しているのと違って、アーノルド&サンは一つのモデルのために新しいムーブメントを開発しています。アーノルド&サンのどのムーブメントにも、ブランドの伝統を語り、映し出す物語があります。

カタログの残りの部分を占めているのは、2012年からアーノルド&サンが力を注いでいる2つのコレクション、ロイヤルコレクションとインストゥルメントコレクションです。ロイヤルコレクションには、独特な英国風の洗練された優雅さが反映されています。ロイヤルコレクションは、若かりしジョン・アーノルドが、国王ジョージ三世やその臣下のために製作した時計にヒントを得るとともに、それに敬意を払うために作られたモデルです。またロイヤルコレクションは、アーノルド&サンが受け継ぐデコラティブ・アートの伝統を示すものです。トゥールビヨンや、均時差と真太陽時をビッグデイト、月表示、複数のタイムゾーンと統合したコンプリケーションなどの、洗練されたコンプリケーションによっても、ブランドの優れた技術は証明されています。またそしてそのすべてが、優雅なケースに収められています。

新しいインストゥルメントコレクションは、ジョン・アーノルドが後半生をかけて製作し、ジョンの死後は息子のジョン・ロジャーが引き継いだ時計からヒントを得たものです。これらの時計は主にクロノメーターで、精度を追及して製作されました。二人は時計職人として、航海中、正確に経度の測定を行なうという問題を解決することに全力を傾けました。高品質の時計を開発したことで、アーノルド&サンは英国海軍御用達のマリンクロノメーター職人となりました。インストゥルメントコレクションは、海上での精度に、完璧な美観と飾り気のないデザインとを融合させました。ジョン・ロジャーが製作したいくつもの時計をヒントにして、メインのコンプリケーションを文字盤の中心に配置するデザインを実現しました。ロイヤルコレクションと同様に、インストゥルメントコレクションは、長く続く、誇り高い伝統の表れと言っていいでしょう。

© 2019 Arnold & Son