UTTE Ref.1UTAR.S01A.C120A

アーノルド&サンは、高度な時計作りの技術を証明し、英国風の創意工夫の伝統を明確に示すため、これまでにない腕時計を作り上げました。ケースの厚さはわずか8.34mmしかありません。新しいUTTE(超薄型トゥールビヨン・エスケープメント)は、厚さがわずか2.97mmのA & S 8200ムーブメントを搭載しています。この新しいキャリバーA & S 8200は、ラ・ショー=ド=フォンにあるアーノルド&サンの工房で開発、デザイン、製作されました。インストゥルメントコレクションに加わった、この見事に作られた腕時計には、機能の正確性とクラシックなスタイルとが組み合わされています。

UTTEは、高度の技術とユニークな優雅さとを兼ね備えた逸品です。超薄型のA & S8200ムーブメント、そして最終的にはUTTEモデルが開発されるまでには、長年にわたる研究開発が必要でした。その成果として、アーノルド&サンが誇る重要な特徴や機能が生み出されたのです。実際、アーノルド&サンが新しいトゥールビヨン製作に着手したとき、時計職人と技師のチームは、業界で一目置かれるユニークな特徴の時計を作ると決心していました。それと同時に、薄型で大きな立体のトゥールビヨン・ケージを搭載し、長時間のパワーリザーブを実現する必要もありました。

アーノルド&サンは、この目的を達成するため、創造力をさらに働かせました。その結果、他では見ることのできない、すばらしい時計が開発されたのです。UTTEのムーブメントは厚さがわずか2.97mm、ケースも8.34mmしかありません。UTTEは市販されている中で最も薄いクラスのトゥールビヨンの腕時計の一つです。

さらにムーブメントの直径32mmに対して、トゥールビヨン・ケージの大きさを直径14mmにすることで、ムーブメントのほぼ半分に収まることになり、印象的な見た目になりました。これでも十分に印象的な腕時計ですが、さらにドラマティックな美しさを増すために、アーノルド&サンは、平らな面がまったくない、完全な球形のトゥールビヨン・ケージを作り出しました。これにより、立体的な美しさが増しています。実際、浮かんでいるように見えるトゥールビヨン・ケージは、キャリバー内に挿入されているわけではありません。ムーブメントの外から飛び出し、文字盤上の時針や分針と同じ高さに揃えることに成功しています。細部までよく見たときに、時計職人たちは、さらに調和のとれた見た目にしたいと考えました。そこで、球形のトゥールビヨン・ケージの美しいバランスを際立たせるため、目に見える部分からネジを取り去ってしまいました。目に見えるネジはレギュレーターの上にしかありません。

最低90時間のパワーリザーブを実現するため、2つのバレルが搭載されました。これにより、超薄型のトゥールビヨンに安定した動力が供給され、これまでにないパワーリザーブが得られるようになりました。

インストゥルメントコレクションに加わったUTTEは、時間と分の表示を中心から外した文字盤のデザインがとてもユニークです。このデザインのおかげで、その他のコンプリケーションが互いに重なり合わずに見えるようになっています。新しいUTTEは、この美的なデザインに従い、文字盤の下の部分に球状のトゥールビヨンを配置しました。段になったケースは、表から裏に向かって細くなっています。時代を超えた魅力的なこのラインが、時計にさりげない気品を与えています。見事にデザインされた文字盤を持つ2つの際立ったモデルのケース直径は42mmで、インストゥルメントコレクションでは初めての大きさのモデルとなりました。

UTTEのケースは18Kレッドゴールドとパラジウム(時計業界ではあまり使われない合金)を使用しています。各ムーブメントはケースの色と合うように仕上げが施され、コート・ド・ジュネーブのパターンで特徴づけられています。18Kレッドゴールドのケースには、ロジウム処理にコート・ド・ジュネーブレヨナンテ(放射状の縞模様)が施されています。UTTEの18Kレッドゴールドのトゥールビヨンブリッジはアーノルド&サンの熟練の職人がすべて手彫りで製作しました。パラジウムケースのUTTEに収められているムーブメントは、NACグレー処理に直線のコート・ド・ジュネーブのパターンで、大胆な現代風です。アーノルド&サンの時計職人たちは細心の注意を払って手作りするため、多くの時間を必要とします。そのため、2つのモデルはいずれも50本しか製作されません。

時代を先取りするUTTEは、トゥールビヨン・エスケープメントを完璧に具体化したものです。このオートオルロジュリーのコンプリケーションは、アーノルド&サンの歴史の中でも重要な位置を占めるものです。卓越した時計職人だったジョン・アーノルドは、革新的な時計製作技術の開発に積極的に関わってきました。そしてジョンはアブラアン=ルイ・ブレゲと密接に協力し、お互いの知識と情熱とを分かち合いました 。この協力があったおかげで、A・L・ブレゲの最初のトゥールビヨンがジョン・アーノルドNo.11ムーブメントに搭載されました。No.11は、現在ロンドンの大英博物館に収蔵されています。

 

 

Ref. 1UTAR.S01A.C120A
18Kレッドゴールドのケース。


限定50本

機能

時針、分針、トゥールビヨン。

キャリバー

A & S8200

アーノルド&サン超薄型トゥールビヨンムーブメント、1分フライングトゥールビヨン、手巻、29石、直径32mm、厚さ2.97mm、トゥールビヨン・ケージ直径14mm、パワーリザーブ90時間、21,600振動。ムーブメントの装飾:ニッケルシルバーのムーブメント、ロジウム処理に高級時計仕上げ:ユニークな手彫りのトゥールビヨンブリッジ、ポリッシュ仕上げエッジの手作業面取りブリッジ、細密なペルラージュとコート・ド・ジュネーブレヨナンテ(放射状の縞模様)、面取り鏡面研磨ヘッドの青色のネジ。トゥールビヨン・ケージサテン仕上げに手作業面取りとポリッシュ仕上げのエッジ。

キャリバー拡大

ケース

18Kレッドゴールドケース、直径42mm、両面反射防止コーティングカーブドサファイア。シースルーサファイヤケースバック。

キャリバー詳細

ダイヤル

シルバーホワイトのコート・ド・ジュネーブレヨナンテ (放射状の縞模様)と銀色のオパーリン。

ベルト

手縫いのアリゲーターストラップ、色は茶または黒。

防水性

30m

To view this site, you need JavaScript enabled and the latest Adobe Flash Player installed.

Get Adobe Flash player

© 2019 Arnold & Son