TBビクトリー Ref.1ARAP.I01A.C120P

アーノルド&サンのインストゥルメントコレクションのデザイナーは、ジョン・アーノルドとその息子のジョン・ロジャーとが作り出したクロノメーターのような特色ある機器からヒントを得ました。クロノメーターには、航海者が経度を決定するために、堅牢さ、信頼性、そして秒針に至るまでの正確さが求められます。TBビクトリーは、マリンクロノメーターの精度と完璧な美観とを兼ね備えた腕時計です。クロノメーターの正確さに多少なりとも助けられながら、長きにわたって海で活躍したこの戦艦を記念して作られました。

HMSビクトリー号は、英国海洋史にその名を残す船です。40年にわたって活躍し、1805年のトラファルガー海戦のときにネルソン提督の旗艦となりました。アーノルド&サンは、この精巧なTBビクトリーに最新のトゥルービートを採用しました。文字盤の右側には、この有名な戦艦を、息を呑むような細かな手彫りで再現した、22K無垢のゴールドのアップリケがあしらわれています。このアップリケは、その後このシリーズのために複製が行なわれました。伝統的な手彫り細工では、ビュランという鋼製の工具など特殊な工具を使います。これらの工具でカットや筋彫りをしたり、テクスチャを作り込んだりしてイメージを形にしていきます。この腕時計でもHMSビクトリー号が完璧に再現されています。アーノルド&サンのデコラティブ・アートの粋を示すものと言えるでしょう。

TBビクトリーは、オフセンターに配置されるサブの文字盤があるのが目を引きます。インストゥルメントコレクションの特徴的なデザインです。クリーム色の文字盤の中心にあるのが、この腕時計のメインのコンプリケーション、トゥルービート(TB)秒針です。トゥルービート秒針は、現在ではあまり見られないコンプリケーションですが、航海者にとっては欠かせない機構です。自動巻式機構にも専門的な技術が凝縮されています。この腕時計は、国際的な特許取得済みの機構によって実現されました。また部品には1ミクロン、つまり1000分の1ミリメートル単位での正確さが求められます。中心となる構成部品は、最先端のLIGA(リソグラフィ、電鋳、モールディング)製作技術を使用して製作されました。

TBビクトリーは、スイスのラ・ショー=ド=フォンにあるアーノルド&サンの工房で開発、デザイン、製作されたA & S6103キャリバーを使用しています。このキャリバーは、統合トゥルービートシステムを備えた最初の自動巻式ムーブメントです。ポリッシュ仕上げエッジの手作業面取りブリッジ、細密なペルラージュとコート・ド・ジュネーブレヨナンテ(放射状の縞模様)、ブラシ仕上げにスケルトン加工のローター、青色のネジなど、最上級高級時計仕上げになっています。

TBビクトリーは限定版として、28本製作です。

Ref.1ARAP.I01A.C120P
18Kローズゴールドケース

限定28本

機能

時針、分針、トゥルービート秒針

キャリバー

A & S6103

アーノルド&サン機械式ムーブメント、自動巻、セラミックス製ボールベアリング、30石、直径30.4mm、厚さ7.79mm、パワーリザーブ45時間、1時間に28,800振動、ハック機構(秒針停止機構)、厚さ7.79mm、パワーリザーブ50時間、28,800振動、秒針規正。ムーブメントの装飾:ロジウム処理、高級時計仕上げ:ポリッシュ仕上げエッジの手作業面取りブリッジ、細密なペルラージュとコート・ド・ジュネーブレヨナンテ(放射状の縞模様)、ブラシ仕上げにスケルトン加工のローター、青色のネジ。

キャリバー拡大

ケース

18Kローズゴールドケース、直径44mm、両面反射防止コーティングカーブドサファイア。シースルーサファイヤケースバック。

キャリバー詳細

ダイヤル

クリーム色、22K無垢のゴールドの手彫りアップリケ。

ベルト

手縫いのアリゲーターストラップ、色は茶または黒。

防水性

30m

To view this site, you need JavaScript enabled and the latest Adobe Flash Player installed.

Get Adobe Flash player

© 2019 Arnold & Son