ゴールデンホイール Ref. 1HVAR.M01A.C120A

18世紀に遡る偉大な英国時計製造を継承しつつ、アーノルド&サンは未来を見据える目で時計開発をしています。素晴らしい職人技を披露しながら、ユニークなひねりを加えた複雑式時計を定期的に発表しています。特許を取得したゴールデンホイールはブランドの発明の再と高級時計製造への自信を表すものです。

ゴールデンホイールは、世界初のワンダリングアワー機能とトゥルービートセコンドの複雑機構を組み合わせたものです。これは、ジョン·アーノルドの人生の後半に、彼の息子ロジャーと共に開発した時間測定法に焦点を当てた時計に敬意を表した、インストゥルメント コレクションに属します。

ゴールデンホイールの時計は、17世紀半ばのテーブルクロックにルーツを持つ古き時代のワンダリングアワー (移動する時間表示) 複合機構を、独自に3次元で表現したものです。おそらく実際には、ワンダリングアワー複合機構の最初の実装は、18世紀の初めにイギリスで製造された懐中時計でしょう。そのため、アーノルド & サン時計製造者にとっては、英国時計製作技術の伝統に触発されて、ワンダリングアワー時計の伝統を継承しながらも新たに発明することは、とてもふさわしい作業でした。

センターに配置するタイム·カルーセルは18カラットのレッドゴールド製で、時計にはゴールデンホイールの名前がつけられました。最新のゴールデンホィールはサファイヤディスクを採用し、よりコントラストをはっきりさせ視認性を高めるため、外側のリングはリデザインされ、文字盤はADLC処理しています。

マザーオブパールのアーチは現在の時間を表示し、時の数字が刻まれたサファイアディスクはアーチの上に浮くようです。ディスク数字上部の金の矢が、アーチ上に位置するダイヤルフレームの分を指します。最後にトゥルービートセコンド表示は、ダイヤル上の大きな目盛付きの外側のリングを通して表示され、金色のセンターセコンドを使って読みます。ダイヤルプレートは、コート·ド·ジュネーブ仕上げの黒のADLCが処理されています。

またジャンピングデジタル時間表示としても知られているワンダリングアワー機能は、時計の文字盤の上弧 (10時から2時まで) を占めています。その下に、アーノルド & サンは、センター軸に配置されたトゥルービートセコンド秒針を伴う、ゴールデンホイールのタイム・カルーセルを、見た目の複雑さとエレガントな動きを加えながら埋めています。トゥルービートセコンド(時にはデッドビートセコンドと呼ばれます)は、アーノルド & サン独特の魅力です。より精密な機能で、文字盤に沿ったスィープ運針とは対照的に、秒を漸次に打ち、さらに正確な時間の読み取りを可能にしています。

このムーブメントに内在する最高峰の技術と時計製造の専門知識をさらに強調するのは、アーノルド & サンが、目を見張る圧倒的な美しさで文字盤上からメカニズムを可視できるように作ったという点です。時刻表示のために3つの別々の透明なサファイアディスク (文字盤の上に浮いているように見える) を採用しているだけでなく、それは驚異的な3次元の魅力をかもし出すよう、多くの他のムーブメント部品を浮き立たせています。このクリエイティブで未来を見つめる精神が、ワンダリングアワーの徹底的な現代的解釈へとゴールデンホイールを変身させました。ゴールデンホイールのムーブメント製造は、コンセプトから開発するまでに3年を要し、そして時計技師にとり設計から開発のさまざまな段階においてチャレンジでありました。

A&S6018は、29石と232のコンポーネントを備えた機械式自動巻きムーブメントです。これは、毎時28,800振動、パワーリザーブ50時間を提供しています。典型的なアーノルド & サンは、ムーブメントは、パラジウム処理、オート・オルロジュリー仕上げの洗練された装飾、エッジ研磨を伴う手でカットした面取り加工のブリッジを含み、繊細なサーキュラーグレイニング、コート·ド·ジュネーブレイヨナン仕上げ、サーキュラーサテン仕上げのホイール、ベベル仕上げ鏡面研磨を施したヘッドを持つ青焼きスクリューを備えています。ローターはヘアライン仕上げ、パラジウム加工でスケルトンです。ケースは44ミリメートル18カラットのレッドゴールドケース。ゴールデンホイールは125個の限定品です

Ref. 1HVAR.M01A.C120A
18Kレッドゴールドのケース。

限定125本

 

機能

デジタル式ジャンピングアワー、分針、トゥルービート秒針。



キャリバー

A & S6018

アーノルド&サン機械式ムーブメント、自動巻、29石、直径37.20mm、厚さ8.00mm、パワーリザーブ45時間、28,800振動。ムーブメントの装飾:パラジウム処理高級時計仕上げ、ポリッシュ仕上げエッジの手面取りブリッジ、細密なペルラージュとコート・ド・ジュネーブレヨナンテ(放射状の縞模様)、NACグレー処理とコート・ド・ジュネーブの文字盤、サーキュラーサテン仕上げの歯車、面取り鏡面研磨ヘッドの青色のネジ。中央にタイムカルーセル:18K無垢のレッドゴールド、サテン仕上げとポリッシュ仕上げエッジの手作業面取り。回転錘:パラジウム処理、スケルトン加工とブラシ仕上げ。

 

キャリバー拡大

ケース

18Kレッドゴールド、直径46mm、両面反射防止コーティングカーブドサファイア。シースルーサファイヤケースバック。

キャリバー詳細

ダイヤル

銀色とマザー・オブ・パール。



ベルト

手縫いのアリゲーターストラップ、色は茶または黒。



防水性

30m



To view this site, you need JavaScript enabled and the latest Adobe Flash Player installed.

Get Adobe Flash player

© 2019 Arnold & Son