コンスタントフォース トゥールビヨン

時間計測への3つのアプローチ

時間計測への3つのアプローチ

アーノルド&サン コンスタントフォース トゥールビヨンは、その歴史的なルーツ、美しい構造、そしてトゥルービートセコンド が、超高精度のマリンクロノメーターの伝統を物語っています。

コンスタントフォース機構は、脱進の直前のギアトレイン に挿入された、エネルギー貯蔵サブシステムを内包しています。一定の間隔で供給されるこの二次リザーバーは、安定した少量でリリースされるため、非常に規則的なトルクを生み出します。そのため、長期間にわたって供給され、自然に変動するバレルのエネルギーフローとは異なります。ヒゲゼンマイ は、このようにしてエネルギーの不変の源を受け取り、それ故にコンスタントフォース という名前が付いています。

トゥルービートセコンドはこの機構により実現しています。コンスタントフォースシステムは1分間に60回リロードされるので、一番車 に針を取り付けるだけで、マーカーからマーカーへとジャンプする秒を表示することができます。クオーツ時計の一般的な機能ですが、機械式時計ではあまり採用されない珍しい機構です。